ハタチからみるべき薬剤師的医療情報局

個人薬剤師の個人ブログ

「嫌われる勇気」の好きな言葉

今回は嫌われる勇気という本についてのお話をしたいと思います。

内容については少しネタバレが入ると思いますので、そういったことが苦手な方は実際に本を読んでから閲覧するようにお願いします。一応あっさりとしか書きません。



嫌われる勇気というのは別に他人に嫌われても構わないという意味ではありません。

 

本書はアドラー心理学を元に

 

哲人と青年の対話形式で話が進んでいきます。

 

この本では

 

人間はどうすれば幸せになれるかという話をしています。

 

そのためにはどういう考え方を持つべきかということを哲人が青年に対して話しているというものです。

 

私がこの本を読んで気になった言葉をいくつかアップして行こうと思います。

 

原因論ではなく目的論で

 

アドラー心理学の考え方の一つですね。

この考え方にはとても共感するものがありました。

 

自分が無意識のうちに避けていることを避けている人は、虎馬屋原因があって立っているのではなく、自分が避けたいから、自分でその人を避けるという選択肢をしているというものです

 

自分の行動の一つ一つを目的論を持って考える。

 

ただやはり原因論は日本人の習慣に根付いた考え方であると思うので

 

一朝一夕にはいかないと思いますが

 

どうにか改善していきたいです。



課題の分離

 

他者の課題に介入することは自らの人生重いものにしてしまう

 

とても重い言葉ですね。



本当の自由とは何か

 

じゆうとは他者から嫌われることである

 

あなたが誰かに嫌われているということ

 

それはあなたが自由を行使し

 

自由に生きている証であり

 

自らの方針に従って生きていることのしるし



著書より抜粋

 

ベストセラーになったのも頷ける面白さでした。

 

しかしアドラー心理学の考え方は実践にはかなり難しいものを感じます

 

特に課題の分離については

 

実践できれば対人関係についてはとても改善されると予想できます。

 

距離感の測り方は

 

人間関係においてとても難しいものです

 

常にそのことを念頭においた行動を心がける必要があると感じます。