ハタチからみるべき薬剤師的医療情報局

個人薬剤師の個人ブログ

ルパフィン錠(ルパタジン)の服薬指導~強さはどれくらい?眠気はあるの?特徴は?などQ&Aあり~

ルパフィン錠(ルパタジン)指導のための情報

このページは管理人が投薬前にさっと確認するためのページなので、適正使用のための周辺知識は自身でしっかり収集するようお願いします。

f:id:pharm0916:20180605202157p:plain

適応

  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹
  • 皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒

捕捉

  • 適応は他の抗アレルギーと変わりませんね。
  • 倍量投与の記載があります。

監査のポイント

  • 12歳以上の小児及び成人にはルパタジンとして1回10mgを1日1回経口投与する。なお、症状に応じて、ルパタジンとして1回20mgに増量できる。
  • 12歳未満は適応なし

 

服薬指導時のポイント

  • 眠気が出ることがあります。自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事しないようにしてください。

注意する 副作用 検査値(より重要な内容は赤)

  • 眠気98例(9.3%)眠気はかなり出やすいです。
  • 口渇7例(0.7%)
  • 倦怠感6例(0.6%)
  • ALT(GPT)上昇5例(0.5%)、AST(GOT)上昇5例(0.5%)
  • 尿糖4例(0.4%)、尿蛋白4例(0.4%)等

 

その他Q&A

ルパフィンの強さはどれくらい?ザイザルより効く?

メーカーに確認したところ

ザイザル倍量(1日10㎎)との比較試験において、優位な効果を確認できたとのことでした。

アレロックとの比較試験では五分五分といったところだそうです。

 

理論上途中からは完全にデザレックスと同じはずなので、そこまで高い作用を期待していいものか。

一応↓の記事に抗アレルギー作用で比較一覧を作ってみました。

 

www.mdeical-ia.com

 

 

 

ルパフィンの特徴。作用機序は他の抗アレルギーと何が違うの?

DUAL作用(抗PAF作用と抗ヒスタミン作用)で強力に効果を発揮します。

 ルパフィンは代謝されることで一部はデスロラタジンになります。つまりデザレックスですね。

ルパタジンとしてはTmaxが早く0.9h

なのにデザレックスの影響で、長く効く(半減期が20.7h)

 

早く効いて、長く効く。また抗PAFもあるので理論上は強力な抗アレルギー効果を発揮すると言えます。

 

ルパフィン 処方制限はいつまで?

 

 2018年12月

 

花粉症には効果あるの?

 

今のところ花粉症では、ビラノアやデザレックスで効かないと言っている人に処方されるケースが多いと思います。眠気もあるのでもろ刃のつるぎですかね。それでも効果を実感できれば良いと感じる人もいるでしょう。

 

 

 

※最終更新日20180321

 

参考サイト

PMDA