ハタチからみるべき薬剤師的医療情報局

個人薬剤師の個人ブログ

スーパーフードって知ってますか?流行りの健康食を知ろう!

 

スーパーフードとは?

 

スーパーフードの発祥は北アメリカ(アメリカ・カナダ)になります。

 

1980年代頃の北アメリカで

 

食事療法を研究する専門家や医師の間で、他の食品より栄養価が高い食品をスーパーフードと言われ始めてます。

 

この時はまだ一般の人々には知られていませんでしたが

 

2000年代前半頃アメリカの医師が

 

「健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品」と定義した

 

スーパーフードの著書を出版し多くの一般の人々に知られるようになりました。

 

しかし、スーパーフードは特定の食品を定義したものはなく

 

主に一般の食品よりビタミン、ミネラル、アミノ酸といった必須栄養素や健康成分を多く含む植物由来の食品を言います。

 

日本でもブームが起き2014年にはそのスーパーフードの定義や基準をもとに、一般社団法人日本スーパーフード協会が設立されました。

 

日本スーパーフード協会は定義や基準、そして発祥の地である北アメリカでスーパーフードを代表するものとして認知し、

 

特に重要と考え国内で推奨するスーパーフード(プライマリースーパーフード10)を載せています。

 

スーパーフードの定義

  • 栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。

 

  • または、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。

 

  • 一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつこと。

 

スーパーフードの基準

  • 発祥の地北アメリカ(アメリカ・カナダ)で、スーパーフードとして一般的に認知・評価されている食品であること。

 

  • 食歴が長く人々の健康に貢献してきた食品であること。

 

  • それにより、人体に影響を及ぼす可能性がある、あらゆる問題が解明されており、その安全性に信頼があり食することができる食品であること。

 

プライマリースーパーフード10

国内で認められているスーパーフードです。

肉類や野菜ではなくフルーツや果実の種が多いです。

 

・スピルリナ(藻類)

・マカ(ペルー原産のアブラナ科の植物)

・クコの実(中国など東アジアが原産のナス科クコ属の植物で漢方薬としても使われている。)

・カカオ(チョコレートやココアの原料)

・チアシード(メキシコなど南米で栽培されている黒ゴマみたいな果実の種)

・ココナッツ(ココヤシの果実)

・アサイー(ブラジル・アマゾンが原産のヤシ科の植物で外見はブルーベリーに似ている。)

・カムカム(南米アマゾン河に育つ果物で、ビタミンCの含有量では世界一を誇るスーパーフルーツ)

・ブロッコリースーパースプラウト(栄養や酵素をたっぷり含んだ植物の新芽)

・麻の実(麻の果実。黒色で丸く七味唐辛子に入れる)

 

スーパーフードは他の食品より栄養価が高いですが、どんなに栄養価が高いものでも過剰摂取しすぎれば体に悪影響になります。

 

特にスーパーフードそのものを直接摂取することがなく他の食品(健康食品、ドリンク、チョコレートなど)と一緒に含まれていることが多いです。

 

そのため目的となる栄養素とは他に、他の余分な栄養素も摂取してしまうため注意することが大事です。