ハタチからみるべき薬剤師的医療情報局

個人薬剤師の個人ブログ

正しいかかりつけ医の選び方~実際の選定基準を紹介~

 

1人に1人かかりつけ医を持つ時代

 

ケガや病気をしたとき、私たちは医療機関を訪れ、医者に診察・治療してもらいます。

 

国際的に比較すると

 

日本では一人当たりの医療機関受診回数が最も多くなっています(OECD Health Statistics 2015参考)。

 

寿命が延び、在宅ではなく医療機関で死亡する人が大半を占める現代社会において、

 

生まれてから最期の時を迎えるまで、

 

幾度となく医者を選ぶ機会はありますが、その選択にはどのようなポイントがあるのでしょうか。

 

医療機関にかかる時は、いつも大病を患っているとは限りません。

 

少し調子が悪い、いつもと調子が違う、など不安を相談しやすい存在として

 

「かかりつけ医」という概念があります。

 

選ぶ基準1つめ~アクセスが良い病院を選ぼう~

かかりつけ医としては、自宅からアクセスの良い開業医を選びます(日本医師会推奨)。

 

体調を崩すたびに専門の病院を探したり、大病院へ毎回行ったりすることが、必ずしも良いとは限りません。

 

毎回異なる医療機関を受診していると、診察や検査が一からになりますし、大病院では待ち時間が長く、曜日によって担当の医者が変わってしまう場合が多々あります。

 

かかりつけ医を気軽に受診し、色々な病状をまず相談することで、医者が患者の生活習慣や病歴を把握しやすくなります。

 

アクセスの良さから、かかりつけ医を家族ぐるみで利用することもありますが

 

家族の状況をまとめて把握してもらえているということも、安心感があります。

 

定期的にコミュニケーションをとることによって、患者の些細な変化に気付くこともあるかもしれません。

 

開業医は基幹病院と比較すると、設備や人手は抑えられています。

 

しかし、病状が深刻であることが判明したり、精密検査が必要になったりした時には、他の医療機関へ紹介してもらうことも可能です。

 

選ぶ基準2つめ~技術力。実際の手術件数や設備投資の内容などをホームページで確認~

 

もう一つ医者を選ぶ時に気になる点は、やはり技術ではないでしょうか。

 

特に、手術や入院を伴う治療を受ける際には、できるだけ早く、痛みも少なく治癒することが望まれます。

 

インターネットでは各医療機関の手術件数を検索することができます。

 

施設によっては、充実したウェブサイトで、疾患別の患者数や在院日数、手術件数などを閲覧することもできます。

 

手術件数が多ければ多いほど高い技術だとは言い切れませんが、

 

頻回に手術を実施できる人材や環境が整っているということは読み取ることができます。

 

治療に用いられる医療機器や、入院設備等を確認してみるのも良いのではないでしょうか。

 

また、医療機関では、様々な取り組みを実施することにより、加算取得や届け出を行っています。

 

例えば、NST(栄養サポートチーム)や、皮膚排泄ケア認定看護師がいる病院では、より専門的なケアを受けることが期待できます。

 

医者だけでなく、医療機関全体として医療の質の向上がはかられていることも、大切なポイントです。

 

選ぶ基準3つめ~クチコミは信用する?~

 

医者を選ぶ際に、何より背中を押してくれるのは、身近な人の評価だと思います。

 

「実際に治療を受けて良くなった」、「とても愛想のいい先生だ」など、患者から高い評価を受けている医療機関には足を運んでみたくなるでしょう。

 

場合によっては、人に相談できないこともあると思いますが、医療機関の口コミサイトを見てみるという方法もあります。

 

ただ、どれだけ実績や口コミが良くても、医者と患者は人間どうしです。

 

実際に診察を受けてみて、相性はとても大事になります。

 

病状が悪化した時や不安がある時に、気持ちを伝えられる医者に出会うことができれば、信頼して治療を受けることができます。

 

信頼できる医者が見つかれば、異なる診療科を受診する際や他の医療機関に移る際にも、アドバイスを受け、安心して次の段階へ進めます。

 

患者側からも、普段から症状や疑問などをしっかり伝えることは心がけることが必要です。

 

医療業界は日々新たな情報があり、勉強熱心な医者のもとでは、より良い治療を受けることができますが、不勉強な医者が最善の治療を行うことはできません。

 

患者のために、新しい知識を身につけている姿勢は、診療を受けながら感じられるところがあるでしょう。