ハタチからみるべき薬剤師的医療情報局

個人薬剤師の個人ブログ

マヴィレット配合錠の服薬指導~副作用は?アルコールは大丈夫?透析の場合などQ&Aあり~(一般名:グレカプレビル水和物/ピブレンタスビル)

マヴィレット配合錠 指導のための情報

このページは管理人が投薬前にさっと確認するためのページなので、適正使用のための周辺知識は自身でしっかり収集するようお願いします。

 マヴィレット配合錠 の適応 

C型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善

捕捉

  • 条件もありますが、8週間で完了することができる唯一のC肝炎のくすりです。ジェノタイプ1、8週間での治療における著効率は99%。
  • 他の抗ウィルス薬(ハーボニーなど)で治らなかった患者さんには12週間での治療により93.9%を達成しています。
  • ジェノタイプ1型、2型のいずれでもない肝炎や肝硬変にも適応があります。

マヴィレット配合錠 の監査のポイント

  • 服用機関が 8週間か12週間かどうかの確認
  • 併用禁忌
  1. アタザナビル
  2. アトルバスタチン
  3. リファンピシン
  • 授乳中の人は×
  • 1日1回 3錠を食後に服用

マヴィレット配合錠 服薬指導のポイント

  • 服用機関が 8週間か12週間かどうかの確認
  • 継続して服用することが重要です。自己判断での中止はせず、気になることがあればすぐ連絡してください。

マヴィレット配合錠  注意する 副作用 検査値

  • そう痒
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 悪心  など

服用中は肝機能の検査も定期的に行っているので確認していきましょう。

 

その他Q&A 

薬価はどれくらい?助成はある?

1錠あたり2万4210.40円(1日での薬は7万2631.20円です)

 助成制度については公式ページがわかりやすいです。確認してみてください。

 透析では使える?

 ハーボニーと違い腎機能障害時の使用実績もおおむね良好みたいですね。第三相試験でも使用しているようです。

 

マヴィレット配合錠の他とは違う特徴?

  •  他のC型肝炎の薬よりも安い(と言っても高いですが)
  • 8週間で使える場合あり

 

アルコールは大丈夫?

 アルコールは肝臓に影響を与えます。控えましょう。

 

マヴィレット の作用機序は?

  • グレカプレビルはHCV遺伝子 によってコードされている複合蛋白質に対してのプロセシングとウイルス複製に必要なHCV NS3/4Aプロテアーゼを阻害しています。
  • ピブレンタスビルはウイルス複製に必要なHCV  NS5Aを阻害します。

 

※最終更新日20180311

 

参考サイト

PMDA