ハタチからみるべき薬剤師的医療情報局

個人薬剤師の個人ブログ

アリセプト錠の服薬指導~特徴は?副作用はなに?怒りやすく(易怒性)なるの?などQ&Aあり~(一般名:ドネペジル)

アリセプト錠 指導のための情報

このページは管理人が投薬前にさっと確認するためのページです。網羅性を重視しているわけではありません。適正使用のための周辺知識は自身でしっかり収集するようお願いします。また一般名も正式名称では記載していません(~塩酸塩といった記載は省略しています)

アリセプト錠 の適応 

アルツハイマー型認知症の認知症症状進行を抑制

捕捉

  • 高度のアルツハイマー型認知症やレビー小体型のアルツ八イマー型認知症の適応がある唯一のAChE阻害薬です。
  • 副作用の消化器症状は一過性であり、継続服用で消失することが多いです。
  • 半減期が長く剤型によっても異なりますが、およそ70~80時間あります。

アリセプト錠 の監査のポイント

  • 開始1回3㎎ 1日1回
  • 1~2週間後に1回5㎎を1日1回に増量(高度のアルツハイマー型認知症の場合5㎎で4週間以上経過後に10㎎に増量。適宜減量)
  • レビー小体型も同様の用法用量
  • 同効薬(AChE阻害薬)であるアリセプトやリバスタッチとは併用できません。
  • 1日3mg投与は消化器系の副作用を抑える目的なので、原則として4週間を超えて使用しない。

アリセプト錠 服薬指導のポイント

  • 継続して服用することが重要です。(家族の理解と協力を得ましょう)
  • 消化器症状がひどい場合にはすぐにDrか薬剤師に連絡してください。10㎎に増量する場合は特に注意。
  • 徐々に増量していく薬です。(コウノメソッドなど一部では少量のまま使うやり方が提唱されていますが、基本は増量です。)
  • ※コウノメソッドは認知症にたいする処方のアプローチが添付文書とは著しく異なりますが、1つの考え方として薬剤師も知っておくべきでしょう。

アリセプト錠 注意する 副作用 検査値

  • 悪心 嘔吐 食欲低下 下痢 などの消化器症状
  • 失神や徐脈といった循環器系の副作用が報告あり。
  • パーキンソニズム(ジスキネジアや振戦など。このような症状が出た場合中止が推奨されている)
  • アリセプトの開始初期に焦燥感や多弁、興奮などの症状が現れる可能性あり

 

その他Q&A 

作用機序は?

コリンエステラーゼ阻害作用に加え、アセチルコリン受容体のアロステリック部位に結合して神経の働きを高めます。

 

剤型は何がある?

OD錠 内服ゼリー(アリセプトは はちみつレモン風味) DS があります。

 

レミニール(ガランタミン)やリバスタッチ(リバスチグミン)と比べて効果に違いはあるの?

細かくは半減期など違います。この三剤については明確に有意差は現状ないことになっています。副作用症状や周辺環境、併用薬によって変えましょう。

 

腎機能が悪くても使える?

腎排泄型ですが、アリセプト5mgを単回投与したときの健康成人と有意差がなく、慎重投与にもなっていません。ですが注意は必要ですね。

 

肝機能が悪くても使える?

同じく使用は可能。慎重投与にもなっていません。ただし機能低下している高齢者などは当然注意して観察していきましょう。 

 

症状が変わらないからやめてもいい?

個人差がある薬であり、一概に説明することはできませんが目安としては服薬後3か月で効果を発揮すると言われています。

 

 吐き気や下痢といった消化器症状が出る場合の対処法は?

中止もしくは整腸剤や吐き気止め(ドンペリドンなど)で対処する。

 

怒りやすくなるの?

実際にそういった内容のHPやブログの話はよく見かけます。

 

 

エーザイのアリセプトについてのページに易怒性についての報告をみると

 

興奮についてプラセボと比較しているが結果に差は出なかったとのことでした。

 

つまりドネペジルが原因での怒りではないとの結果になっています。

 

エーザイの説明を簡単にまとめると

 

治療を始めたことによる環境の変化

 

改善が家族にとっても改悪に感じること(意欲向上を余計なことととらえるなど)

 

が原因ではないかとのことです。

 

 

 

※最終更新日20180406

参考サイト

PMDA

 

※追記・修正しておくべき内容があると感じた方はお手数ですがお問い合わせのほうまでよろしくお願い致します。可能な限り対応させていただきます。