ハタチからみるべき薬剤師的医療情報局

個人薬剤師の個人ブログ

レキサルティ錠の服薬指導~特徴は?エビリファイとの違いはなに?副作用などQ&Aあり~(一般名:ブレクスピプラゾール)

 

レキサルティ錠 指導のための情報

 

このページは管理人が投薬前にさっと確認するためのページなので、適正使用のための周辺知識は自身でしっかり収集するようお願いします。またこのページは医療従事者を対象としたページです。医療従事者以外の方の閲覧はお勧めしません。

f:id:pharm0916:20180605202157p:plain

 

適応

  • 統合失調症

アメリカは大うつ病の補助療法でも適応あり

 

捕捉

  • 日本初のSDAM(セロトニ ン・ドパミン・アクティビティモジュレーターの略
  • アメリカ カナダ オーストラリア ではすでに発売中
  • 国内での類似薬はエビリファイですが、副作用や作用の強さは異なります。

レキサルティ錠 監査のポイント

  • 添付文書より引用

1日1回1mg から投与を開始した後、4日以上の間隔をあけて増量し、 1日1回2mgを経口投与する。

  • CYP阻害により用法用量が変化する場合がある

f:id:pharm0916:20180513183754p:plain

クラリスロマイシンやパロキセチンなどの併用に注意すべき薬は把握しておく必要がある

レキサルティ錠 服薬指導時のポイント

  • 自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事しないようにしましょう。
  • 「座ったままでいられない」「そわそわしてじっとしていられない」といった症状が出る可能性があります。この場合症状を緩和してくれるおくすりを使う場合もありますので、Drに連絡しましょう。

レキサルティ錠 注意する主な 副作用 検査値

  • アカシジア(そわそわしたり、じっとしていられないなどの症状)
  • 高 プロラクチン血症
  • 頭痛
  • 不眠 
  • 体重増加 など

その他Q&A

作用機序は?

ドパミンD2受容体およびセロトニン5HT1A受容体に強く結合してパーシャルアゴニストとして働き、セロトニン5HT2A受容体にはアンタゴニストとして働くSerotonin-Dopamine Activity Modulator(SDAM)と呼ばれる新しい作用機序を有しています。

新規抗精神病薬「レキサルティ®錠」 統合失調症の適応で国内で新発売(https://www.otsuka.co.jp/company/newsreleases/2018/20180418_1.html)より引用

 

エビリファイとの違いは?

  • D2受容体パーシャルアゴニスト作用はエビリファイのほうが強いです。エビリファイではプロラクチンの低下が見られますが、レキサルティは増加となっており作用の強さの違いが現れているようです。
  • 5HT1A受容体パーシャルアゴニスト作用や5HT2A受容体アンタゴニスト作用はレキサルティの方が強いです。

 

参考サイト

レキサルティ錠の添付文書/インタビューフォーム

 

 新規抗精神病薬「レキサルティ®錠」 統合失調症の適応で国内で新発売(https://www.otsuka.co.jp/company/newsreleases/2018/20180418_1.html

 

レキサルティ錠 1 mg レキサルティ錠 2 mg 第 2 部(モジュール 2):CTD の概要(サマリー) 2.5 臨床に関する概括評価