ハタチからみるべき薬剤師的医療情報局

個人薬剤師の個人ブログ

シダキュアスギ花粉舌下錠の服薬指導~特徴は?シダトレンとの違いはなに?副作用などQ&Aあり~

 

シダキュアスギ花粉舌下錠 指導のための情報

 ※まだ発売されていません。情報は入り次第追記していきます。

 

このページは管理人が投薬前にさっと確認するためのページなので、適正使用のための周辺知識は自身でしっかり収集するようお願いします。またこのページは医療従事者を対象としたページです。医療従事者以外の方の閲覧はお勧めしません。

f:id:pharm0916:20180605202157p:plain

 

適応

 スギ花粉症(減感作療法)

 

捕捉

  • スギ花粉の減感作療法ではすでに注射用剤や液剤があります
  • 液剤であるシダトレンよりも高濃度で減感作療法が可能です

 

シダキュアスギ花粉舌下錠 監査のポイント

 
用法用量
通常、投与開始後1週間は、シダキュアスギ花粉舌下錠2,000JAUを1日1回1錠、投与2週目以降は、シダキュアスギ花粉舌下錠5,000JAUを1日1回1錠、舌下にて1分間保持した後、飲み込む。その後5分間は、うがいや飲食を控える。 ※添付文書より抜粋
はじめの1週間が2000JAU、次が5000JAUですね。
 
 
本剤の投与開始に際し、皮膚反応テスト〔スクラッチテスト(プリックテスト)、皮内テスト〕又は特異的IgE抗体検査を行い、スギ花粉症の確定診断を行うこと。 ※添付文書より抜粋
 
当たり前ですが、使用前は確定診断があります。
 
 

スギ花粉飛散時期は新たに投与を開始しないこと。〔スギ花粉飛散時期はスギ花粉アレルゲンに対する患者の過敏性が高まっている場合が多い。〕 ※添付文書より抜粋

 

スギ花粉飛散時期の仕様は推奨されていません。だいたい3月はじめから5月はじめくらいの時期ですね。

 

 

初回投与時は医師の監督のもと、投与後少なくとも30分間は患者を安静な状態に保たせ、十分な観察を行うこと。また、ショック、アナフィラキシー等の発現時に救急処置のとれる準備をしておくこと。 ※添付文書より抜粋

アナフィラキシーには十分注意する必要があります 

 
 

シダキュアスギ花粉舌下錠 服薬指導時のポイント

 

本剤を服用する前後 2 時間程度は、激しい運動、 アルコール摂取、入浴等を避けてください。※添付文書より抜粋

 

  • 服用の前後2時間は運動や、お酒、入浴は避け、安静にしておきましょう。 

 

 

アナフィラキシー等が発現した場合の対処等を 考慮し、家族のいる場所や日中の服用が望ましい※添付文書より抜粋

 

アナフィラキシー対策として、ひと目のある場所での使用が記載されています。 

 

 

本剤の投与開始初期(およそ 1 ヵ月)に副作用の発 現(主に口腔内の症状)が多いので、症状の発現に 注意すること。※添付文書より抜粋

 

  • 服用開始してから1ヶ月は特に副作用に注意しましょう。

 

 

  • 舌下にて1分間保持した後に飲み込みましょう。その後5分間はうがいや飲食を控えましょう。

 

シダキュアスギ花粉舌下錠 注意する主な副作用 検査値

 

  • 主な症状は

    口腔浮腫113例(14.4%)

    咽喉刺激感 112例(14.3%)

    耳そう痒症98例(12.5%)

    口腔そう 痒症67例(8.6%)

    咽喉頭不快感57例(7.3%)

    口腔 内不快感47例(6.0%) 

     ※添付文書より抜粋

     

     口腔内での副作用が多いですね。
     

その他Q&A

 

作用機序は?

 

 減感作療法の効果発現メカニズムは十分に解明されていないが

 

舌下投与による減感作療法では

 

口腔粘膜下の樹状細胞によるアレルゲンの捕捉が起こり

 

免疫反応が引き起こされる と考えられている

 

免疫反応として

 

Th 2 細胞増加の抑制及 びTh 1 細胞の増加、制御性T細胞の誘導、抗原特異的IgG及び IgAの増加が報告されており

 

その結果としてアレルギー症状 の発現を抑制するものと推測されている

 ※添付文書より抜粋

 

減感作療法は原因となるアレルギンを継続して摂取することにより、原因アレルギンの感受性を低下させる方法ですね。

 

シダトレンとの違いは?

 

  • シダトレンは12歳以上だがシダキュアに制限はない。小児でも可能。
  • シダトレンは冷所保存だがシダキュアは室温保存患者にとってはより利便性が向上したことになります。
  • シダトレンは製剤特性上、最高でも2000JAU/MLでの減感作療法だが、シダキュアは5000JAUの高濃度で減感作療法が実施できます。

 

参考サイト

 

シダキュアスギ花粉舌下錠の添付文書/インタビューフォーム

 

【新製品】スギ花粉症の免疫療法薬‐国内初の舌下錠、6月登場 鳥居薬品

https://www.yakuji.co.jp/entry65155.html

 

舌下投与用スギ花粉エキス原末錠の使用に当たっての留意事項について https://www.pmda.go.jp/files/000220390.pdf